ペットと暮らすために様々なものを用意しておきましょう

ペットに関する様々な悩みを解決する方法

小さい猫

そもそもマンチカンとはどんな猫か

マンチカンという名は英語で「小さい人」という意味の Munchkin から来てるといわれています。 新種のようにいわれていますが、 古くから突然変異種の短足猫は世界各地で確認されていました。 1983年アメリカでトラックの下から保護され、ブラックベリーと名付けられた野良猫から、 ブリーダーの手により交配、育種されていきます。 当初ブリーダー達は交配相手に短足猫以外の猫たちを使い、近親交配による将来の遺伝子疾患のリスクを減らすため、異種交配を行いました。 1991年にキャットショーに出展、評判となります。 専門家による論争の末、国際的に新種として認定されました。 また、2014年3月には、カナダの体高13.6cmのマンチカンが、世界一小さな体高の猫としてギネスブックに登録されています。 短い足のマンチカンですが、もちろん生活に支障はなく、走るのもスピーディーでジャンプも木登りもこなします。 マンチカンの性格は陽気で好奇心旺盛、遊び好きな甘えん坊なコが多いようです。

ブリーダーから買うメリットについて

生後間もなく親から引き離され、店頭に並べられ展示される子猫への環境的、精神的ストレスが後々影響してくる話はよくあります。 ペットショップで販売されている猫達はそもそもブリーダーから市場やオークションで出品、競り落とされ、店舗に行きます。 その為、ペットショップでの価格は仲介業者の儲けとペットショップの儲けが上乗せされているため適正価格より高額になるのは当然で、ブリーダーからの直販での購入のほうが適正価格となります。 そして、ペットショップに並ぶのは一種につき1〜2匹の事が多いのですが、ブリーダーからであれば、たくさんいる中からあなたのベストを見つけられる事でしょう。 また、相談事にも専門のブリーダーであればより専門的な話が聞けるでしょう。