ペットと暮らすために様々なものを用意しておきましょう

ペットに関する様々な悩みを解決する方法

飼育時の注意

熱帯魚の水温や水質に気を使いましょう

熱帯魚は、生まれた生活環境と著しく違う状態での飼育は難しいといわれています。熱帯気候に順応した熱帯魚は、その種類によって水温が26度前後に保たれなくてはなりません。冬場に水温が下がると魚の動きが悪くなり、状況によっては死んでしまいます。対応方法に、温度調整ができるサーモスタット付きのヒーターや、温度固定式のヒーターがあります。設定温度は飼育する熱帯魚の特性によって異なるので、固定式のヒーターは購入前に担当の人に相談してみましょう。水槽に入れる水に関しても注意が必要です。住み慣れた水の中から水道水に直接熱帯魚を入れると、水質が変わり病気の原因になります。水道水は塩素を中和させることで生活環境が整います。

餌のあげ過ぎは水質を悪くする原因となります

熱帯魚を飼育し始めると、つい餌をたくさんあげてしまいます。餌は魚の大きさや口の構造によって食べやすいサイズがあります。一度に与える量は数分で食べきれる量とし、日に2回ほどにします。与えすぎると餌が腐り、苔が生えたりして、不衛生な状態になりますので気をつけましょう。そのため、定期的に水替えが必要になります。水中にはバクテリアが多く存在し、水槽の水を浄化してくれる役割があります。水替えの時にはこのバクテリアが激減しないよう、掃除のしすぎには気をつけましょう。また、臭いやごみを吸収してくれる活性炭やマットは、定期的に交換しましょう。水質改善を効果的に行うこれらは、熱帯魚の飼育する上で欠かせないアイテムとなっています。